書籍「最後の言葉」スタッフ:あーや姫の奮闘記

川嶋あい著書「最後の言葉」スタッフあーや姫の日々の奮闘記。1冊でも多くの方々にこの本を読んでもらえるように頑張っています。 是非皆さんも1度、読んで見てください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんこんにちは

今日は久さし振りのコメント紹介をしたいと思います

今回は「放送作家の遠藤信仁さん」から頂いたコメントです


*流れる涙に驚いた。「今が永遠に続くことはない」という当たり前の 事を忘れている自分に気づいたたからだ。いつか必ず訪れる大切な人 との別れ…。その時が来る前にもう一度読んでおきたい一冊だった。

遠藤さんありがとうございました


「いつか訪れる大切な人との別れ」は考えたくないけれど必ずいつかはやってくるんですよね
その日が来た時、後悔しない様に毎日生活したいですね

私もまた「最後の言葉」をもう一度ゆっくり読もう
スポンサーサイト
コメント

あーや姫おはよう うん。負けずに路上ストリート頑張る 俺も[最後の言葉]もう一回読んで見よう あーや姫に質問 本当にお姉さんって思ってコメントしていいかな? 今のそう思える存在の女性いなくて 一週間前に彼女にフラれたし 新たな恋人はあーや姫見たいなお姉さんがいいな・・・・(;_;)
2006/03/02(木) 13:39:24 | URL | カズたん #-[ 編集]

私も『最後の言葉』読んだとき涙があふれすぎて 次のページをめくるのに とても時間がかかり心に染み渡りました。。衝撃的で切ない気持ちにもなりましたが、とても感動しました。みんなに、少しでも多くの人に読んでもらいたいと思い、『最後の言葉』を周りの人たちに話して広めています。読んでくれたみんなの感想を聞いたりすると一人一人とらえる角度が違って勉強になります。川島愛について話す人、川島愛を自分に置き換えてみる人。人に恵まれているねって言う人。
でも みんな心に染み渡る一言一言に感動し大切なことを改めて気付かされたことと思います。
            今まで生きてきて 歌を聞いて泣いたことなかったし、本を読んで泣いたこともなかった。映画館で泣いたことだって一度もない。ライブを観て聴いて泣いて悔しい思いをしたこともなかった。アーティストの親の気持ちになって、私が代わりにと、意地でも一番前で歌を聴いて応援したいと思ったこともなかった。
川嶋あいに出会えてよかった。出会えたのはお母さんのおかげだと心の底から思っています。
あーやさん、お母さんとバトンタッチでどんどん広めてくださいねo(^-^)o
半年に一度のペースで読みましょう(^O^)v
2006/03/02(木) 15:10:33 | URL | ☆ちえ☆ #-[ 編集]

ちえさん!感動しましたよ。
放送作家の遠藤さんとつばさレコーズの関係について、教えてください。
” 最後の言葉 ”人に貸して行方知れずなので、今日Amazonさんから購入させて頂きました。v-160
2冊だけ!(いつも、くだらないコメント書いてるだけでは、申し訳ないので)
さあ!休憩おわり
2006/03/02(木) 16:07:50 | URL | ショウ #-[ 編集]

かずタンさん私のこと男だと思っているかもしれないけど、残念ながら私は、女ですi-229セヴンというのに女ですよi-52
ちょうど今週の月曜日に最後の言葉をまたまた読破しましたよi-705回目くらいだと思うんですけど、毎回違うことを感じて、新鮮ですi-189そしてガンバロっていう気持ちになりますi-237
出会いは別れの始まりっていう言葉がありますよねi-7ほんとに卒業式まで、一日一日を大切にして、三年間支えあった友達といい思い出作って行きたいですi-1
全然関係ない話だけど、私は出会い運がいいと勝手に思っていますi-179あんまりイヤな人に出会ったことがないですi-234人生を変えるような出会いがいつ、どこで転がっているかわからないんで、これからも出会いを大切にしていきたいですi-178i-178
引越しの準備って大変i-201荷物が多いし、何日してもまとまらないi-200夜逃げできるタイプではないと確信しましたi-199
2006/03/02(木) 22:01:10 | URL | セヴン #-[ 編集]

ホワイトデーのお返しに、この本を贈ろうと思っています。
” ありがとう ”の意味をこめて!v-10
本たくさん買わなきゃ(見栄っ張り)v-221
2006/03/02(木) 22:32:40 | URL | ショウワふたけた #-[ 編集]

皆さん、繰り返し読んでますねーv-87
私も もう一度ゆっくり読んでみたいとおもいますv-218
いつかみんな、誰もが別れを経験するんですよね。
別れをとおして、生きるとは何か、を考えさせられます。
2006/03/02(木) 22:56:19 | URL | アキムシ #-[ 編集]

みなさん、うらやましいです。
僕、家に帰ったらチビちゃん達(4歳&1歳)と遊ばされて、読書できるのは、結局チビちゃん達の就寝後の23時以降・・・
おいらもネムイ・・・
だから今まで、本も、DVDも買って見たのは一回だけのがほとんどです。
でも、子供の笑顔にはかないませんね~
家族っていい!!
2006/03/03(金) 00:07:24 | URL | 2児のぱぱ #-[ 編集]

セブンさん携帯に連絡ありがとう(^○^) 夜中0時過ぎに電話鳴らしてごめんなさい(;_;) メール返信できなくてかけました(;_;) お互いの夢とか語れる友達なりましょう(^○^) また明日朝や時間ある時に電話鳴らしてください(^○^)
2006/03/03(金) 00:21:45 | URL | カズたん #-[ 編集]

家族や友達、愛犬の娘達。大切な、失いたくない人達です。地元から離れて一人になった現在でも忘れた事はないです。
東京に一人で来て沢山の人に出逢う事が出来ました。その東京での第一回目の生活も終わりを迎えています。皆に出逢う事が出来て本当に良かったです。僕の心は沢山の人の温かい顔で満ちてます。離れても元気でいてくれれば嬉しいです。
人と出逢う事の意味…それはまだ分からないですけどこれからも沢山の人に出逢いたいですね。
出逢う事の出来た人を忘れないで生きて行きたいですね!
2006/03/03(金) 00:43:34 | URL | オリオン #-[ 編集]

セブンさん携帯に連絡ありがとう(^○^)夜中0時過ぎに電話鳴らしてごめんなさい(;_;) メール返信できなくてかけました(;_;) メールアドレス入れておきますからメールください(^○^)kazu-music@docomo.ne.jpです。待ってまぁ~す(^○^)
2006/03/03(金) 01:09:55 | URL | カズたん #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://saigonokotoba.blog36.fc2.com/tb.php/125-cf5a22ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。