書籍「最後の言葉」スタッフ:あーや姫の奮闘記

川嶋あい著書「最後の言葉」スタッフあーや姫の日々の奮闘記。1冊でも多くの方々にこの本を読んでもらえるように頑張っています。 是非皆さんも1度、読んで見てください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051216230312
ヒントです(^.^)b

固まりのままではなく、薄くスライスしてこの様にお肉の上に乗せたりして食べますo(^-^)o
香りが凄く良いですよ!

かなりの高級食材であの固まりで14万円位との事でした(*_*)
スポンサーサイト
コメント
う~ん?
トリュフの仲間とか…違いますよね?キノコのような感じがするんですが…。
2005/12/16(金) 23:25:03 | URL | シトラス #-[ 編集]

まだ答え言わないでくださいよ!今真剣になって考えてますから!
スライス…香り…高級食材…固まり14万…ん~…
2005/12/16(金) 23:29:26 | URL | オリオン #-[ 編集]
ウコンでもなくゴーヤーでもない
わかったぁー!間違いない!自信アリアリ!ウコン?そんなわけない!絶対これはあれですよ!そう、これはまさしく…
ラクダの『コブ』!でしょ?あ~頭スッキリ。
2005/12/16(金) 23:47:14 | URL | オリオン #-[ 編集]

はじめまして、kanonと申します。

これもしかしてフォアグラとかいう食材ですか?

食べたことないけどおいしそうですね!
2005/12/16(金) 23:53:32 | URL | kanon #-[ 編集]

いいもの食べてますね。

お肉の上にのっているのは見事なトリュフですな。

しかも写真からすると白トリュフかな?でも時期的には黒トリュフの可能性も。

でも白でしょうな。

トリュフは地中に育つキノコの一種で、豚を使って採るんですよね。

何種類かあって、そのうち"真実のブレア"と呼ばれる黒トリュフは学名をTUBER MELANOSPORUMといい、香り高く、黒いダイヤモンドとも呼ばれています。

白トリュフは高貴なノーブルと呼ばれ、学名をTUBER MAGNATUMというらしいです。

黒だとフランス・ぺリゴール産が最高級らしい。白だとイタリア・ピエモンテ産が最高級らしい。

14万レベルだとイタリア産ですかねえ。

トリュフは紀元前16世紀から食べられてたらしいですよ。

でもトリュフって実際に料理してみると加工が難しい食材なんですよ。

トリュフ自体も硬いし・・・スライスが難しいんですよ、あれは。

以前トリュフを使って料理してみたんですが、粉砕してオムレツを作るくらいでした。

やっぱり高級食材はプロに任せたほうがよいと痛感しましたね。

いやいやすいません。
写真見てたら興奮してウンチクを語ってしまいました。
2005/12/17(土) 00:24:43 | URL | 三木舎さとる #-[ 編集]
たぶん
トリュフ?リッチなもの食べてますね~デートですか?w
2005/12/17(土) 01:05:34 | URL | はな #-[ 編集]

お! これは素晴らしい白トリュフですね~v-271
2005/12/17(土) 02:51:30 | URL | ビレッジ #zVpgn9mk[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://saigonokotoba.blog36.fc2.com/tb.php/23-d5c54e18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。