書籍「最後の言葉」スタッフ:あーや姫の奮闘記

川嶋あい著書「最後の言葉」スタッフあーや姫の日々の奮闘記。1冊でも多くの方々にこの本を読んでもらえるように頑張っています。 是非皆さんも1度、読んで見てください。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20051225200614
今日は両親にクリスマスプレゼントで焼肉屋さんにご招待o(^-^)o
また写真を撮り忘れ最後に残った人参だけ撮りました(◎-◎;)
これから友達と軽くクリスマスパーティー?をやります☆彡
スポンサーサイト
コメント

えぇ~え!?人参だけって…
パーティー楽しんで来て下さい。
Good Night☆
2005/12/25(日) 20:57:02 | URL | オリオン #-[ 編集]

食べた後に写真を撮るなんて姫みたい。

もしかして、あーや姫も天然?
2005/12/25(日) 22:52:57 | URL | ヒデ #-[ 編集]

焼肉ですか。いいですね。
食べ物の話は異常に気分が高揚してきます。

しかし日本の「焼肉」「ホルモン焼」は日本式朝鮮料理であり、本国の焼肉とはかなり違うようですよ。

本場の韓国式焼肉料理はお肉を前日から漬け込んでおき、キッチンで調理してから客席に運びます。ですから韓国の牛肉は網で焼くものではないのです。

牛肉を網で焼くというのは日本独自のスタイルです。これは韓国式焼肉料理の弱点である、肉の旨味がタレに出てしまうことや、客席に運ぶあいだに脂肪が固まってしまうことに着目して確立されました。

そもそもこうしたスタイルの源は、明治文明開化からはじまった牛鍋の延長にありました。明治5年に代西洋文明を受け入れる政策のひとつとして明治天皇が肉食を奨励し牛肉を食べたことからはじまっています。

太平洋戦争が終結し、食料統制が解除された戦後になると、現在の日本式焼肉料理のルーツである大阪・千日前の「 食堂園」(1946年創業)や、東京・西新宿の「明月館」(1946年創業)が開店しました。

お客が自分で肉を焼く現在のスタイルが生まれるのは、七輪から派生した焼肉ロースター(特許取得済み)が日本で発明されてからであり、大阪「食堂園」が初めて導入したようです。

ではなぜ網で焼く焼肉に韓国・朝鮮料理というイメージがつきまとうのかというと、ソウルオリンピック開催に便乗した「全国焼肉協会」が、平成5年に語呂あわせで8月29日を「焼肉の日」に制定したことが原因のようです。

さらにアメリカ牛肉の輸入自由化によって牛肉需要が増大したことがそのイメージづけ加速させたといわれています。

だがしかし、この寒い冬、わたしは本場の韓国式焼肉が食べたいのであります!

日本式焼肉の歴史については、以下を参考にしてください。

「食堂園」内、「食堂園の伝説」参照 http://www.syokudoen.co.jp/index.html

「全国焼肉協会」 http://www.yakiniku.or.jp/

ちなみに韓国で古くから食されてきたキムチが赤くなったのは18世紀に入ってからです。

1670年ごろに記されたとされる『飲食知味方』という文献に登場するキムチのレシピには唐辛子が使われていません。

その後の1766年に著された『増補山林経済』のキムチには唐辛子が入れられています。
ここでは唐辛子のほかに山椒、芥子などの香辛料をまぜ、ニンニクをたっぷりと加えて漬けると記されているそうです。

古いレシピのキムチ。一度でいいから食べたいなあ。
2005/12/26(月) 02:03:58 | URL | 三木舎さとる #-[ 編集]

>ヒデさん
コメントありがとうございます。
私は皆に何故か天然v-12と良く言われるんです。。

>三木舎さとるさん
コメントありがとうございます。
三木舎さんはモノ知りですよねv-218毎回勉強になります。ありがとうございます。
2005/12/26(月) 11:42:40 | URL | あーや姫 #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://saigonokotoba.blog36.fc2.com/tb.php/41-a24aea5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
国家の品格
国家の品格藤原 正彦 新潮社 2005-11売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 羞恥心はどこへ消えた? 古風堂々数学者 人は見た目が9割 尊敬される国民 品格ある国家 満州と自
2005/12/26(月) 14:01:28 | アマゾン本通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。